施設長ごあいさつ

施設長

当施設は平成5年(1993年)、三重県南部に位置する熊野市に開設されました。一年中温暖な気候に恵まれ、海、山の自然が豊かなこの地域ですが、一方では過疎化、少子高齢化が深刻な問題となっています。国や三重県よりも早いスピードで高齢化が進行しており、高齢化率(総人口に占める65歳以上の高齢者人口の割合)は40%を超えています。そのような状況の中で、地域における当施設が果たすべき役割はより一層大きく、重要になってきています。
介護老人保健施設は、ご高齢者の皆さんがいつまでもお元気で過ごされるように支援させていただく施設です。 当施設におきましても、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、身体の状態に合わせて、医療及び看護・介護・リハビリ職を中心としたチームケアをはじめ、さまざまな日常生活の支援を行っています。
これからも、医療、介護を通じて、ご家族や地域の方々、関係機関と協力しながら、地域から頼られ、なくてはならない明るく開かれた施設を目指し、日々努力を重ねていきたいと思います。

むつみ苑の理念と方針

理念

  • 地域から頼られ、この地域になくてはならない明るく開かれた施設を目指します。
  • 医療介護を通じ、家庭復帰を目指し人々のため社会のために貢献します。

方針

  1. 私達は、高齢者の尊厳を遵守し、優しさと思いやりあふれた介護を目指します。
  2. 私達は、利用者さまの話をよく聞き、十分に説明のうえ、納得していただける医療介護を心がけます。
  3. 私達は、利用者さまの人権とプライバシーを尊重し、平等で公正な医療介護を行います。
  4. 私達は、近隣関係機関との連携を深め、地域医療、保健、福祉、介護の充実に貢献します。
  5. 私達は、個々の自己研鑽に努め、その人のための最高のケアの提供を目指します。